シーリング工事|防水工事・外壁補修・シーリング工事の業者なら千葉県千葉市の株式会社BLOOD(ブラッド)まで

シーリング工事

株式会社BLOODTOPへ >> シーリング工事

シーリング工事の必要性

漏水を防ぐ防水工事の一つにシーリングがあります。マンション新築工事で、外壁コンクリートを打ち込む際の継ぎ目の隙間から雨水などが入り込まないように柔軟性のある目地材のことをシーリングといいます。このシーリング工事をすることによって継ぎ目やサッシなどの建具とコンクリートとの隙間を埋めて雨水から建物を守ります。
シーリング材は年数を経ることで劣化・硬化・亀裂などが生じ、建物を漏水から守る機能が薄れてきます。一般的なシーリングの耐久年数が10年程度なので、定期的に点検しシーリング箇所の打ち替え・打ち増しをして防水効果を維持する必要性があります。

耐火二時間+層間変位対応

シーリング工事の内容

  • 施工前です
  • 古い目地材を取り除きます
  • 取り除いた後キレイにします
  • シーリング材を打ち直します
  • ヘラで整えます
  • 施工後です

ビル・商業施設(代表使用例)

戸建て住宅(代表使用例)